ねこと、手をつなごう。

「ねこと人間のしあわせな共生」をさまざまな角度から考えて行くブログです。

糖尿病になった猫&虐待にあった猫と暮らす私(pancia)が、 「猫と人がともにしあわせに暮らす」日々のために できることを探し、発信していくブログです。

猫おもちゃ「キャッチミーイフユーキャン2」を自分で操作する猫にびっくり!

突然ですがびっくりしました!

ウチに来て数日のチロルさん、環境にはすっかり慣れたらしく、いろんなおもちゃを試して楽しく遊んでいるようでなにより。我が家では猫に大人気のおもちゃ「キャッチミーイフユーキャン2」がとても重宝している話を、以前このブログでも紹介しましたが...
pancia.hatenablog.com

 

もちろんチロルも夢中になっています。驚いたことにここ数日で「勝手に自分でボタンを押して、スイッチを入れることを覚えた」ようす。はじめの1、2回は「たまたまで気のせい」だと思ったのですが、もう何回もやられると認めるしかない...今日は早朝に2回スイッチを止めに行きましたよ...(これから寝る時しまわないといけないようです。とほほ)

パンナは1年くらいこれで遊んでいて、一度も勝手にスイッチを入れたことはなかったので、チロルの学習能力には恐れ入ります。

 

f:id:pancia:20171127153220j:plain

f:id:pancia:20171127153306j:plain

f:id:pancia:20171127153438j:plain

f:id:pancia:20171127153451j:plain

猫が夢中になってひとり遊びしてくれる優れもの。コスパや猫の食いつき度、飽きなさでいって、今のところこれ以上のおもちゃには出会えていない。単純な作りになっているからそうそう壊れないと思うけど、壊れてもまたリピすると思います。

 

読んでくださっている方は「にわかに信じられない」と仰るかもしれないが、まだ私もちょっと信じられないくらいで...でも猫って結構賢いので人間のすることを観察しているのです。ある意味、こちらの想像以上のことをしてくれるので危険な目に遭わないよう、注意せねばならないのですが。

このボタン、簡素な作りなので軽く押せば動作します。それにしても、どうやって押しているのか...気になりませんか?見てみたいですよね?...

 

f:id:pancia:20171127153510j:plain

これがスイッチオフの状態。真ん中にポチッと押すボタンがある。(一応4段階レベル調節があって、動き方が多少違うみたい。でもどういう基準で難易度が上がってるのか、上がっていないのか?人間からするとよくわからない...レベルは適当っぽいので、その時の気分で・笑)

f:id:pancia:20171127153526j:plain

赤いランプが点いた状態が「スイッチオン」。大したボタンではないので、ちょっと軽く押せば点くが...

 

いつも不意打ちなのでまだその現場は押さえていないのですが、今狙っている最中なので取れたらアップしたいと思います。円形になっているスイッチの周りの部分をかじっているのを見かけたので、おそらく手ではなく口で押しているのかなと推測していますが、さて真相やいかに。 

 

★今日の仲良しさん★

f:id:pancia:20171127161613j:plain

なんだか毛色も色違いのようだし、姉妹のよう。

f:id:pancia:20171127153659j:plain

お互い毛づくろいしあったりして、とても仲良しさんなふたり。

f:id:pancia:20171127153722j:plain

見ているだけで和むし微笑ましい。ただ、椅子を奪われるのでちょっと困る...

 

 

    

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キャッチミーイフユーキャン2
価格:2080円(税込、送料別) (2017/8/8時点)

我が家に子猫さんがやってきた!多頭飼いのしあわせ。

家でぬくぬくしているだけで幸せを感じられる季節の到来!

やっと寒くなってきたこの頃。寒くなって喜んでいるのは犬と私くらいでしょうか。ワンちゃんは走り回っているのでしょうが、私は仕事も家で、休みの日もほぼ家でという、超インドア派なので(笑)猫たちと家で丸くなっているだけですが...。

このくらいの時期から年末までの「忙しなく駆け足で去って行く、浮き足立っている感じ」がなぜか好きなのです。紅葉からイルミネーションへ、街を歩いていてもキラキラしていて素敵ですし(でかけないくせに)。

用がない限り外出しないので、外が寒くなった実感があまりなく...。たまに出ると「あれ?着るもの間違えた?」ということが結構あります。(着込みすぎて暑いか、薄着すぎて寒い・笑)たまにうまくいくと「今日は服装加減がちょうど良い!当たりDAYだな」とか思って喜んでいます。

もともと家が世界一大好きなので、ポカポカのお家でぬくぬくしながら、冷たいハーゲンダッツのアイスとか食べてるのが、私にとってはとても幸せな瞬間なのです。

そして寒くなると「猫好きにはたまらないシーン」が増えます。

例えば...

・猫は冬毛でもふもふ度がアップしてますます可愛くなる(ニャンモナイトがおまんじゅうのようにまんまる。顔を埋めたくなる)

・猫さんからくっついてくれる機会が増える(膝のり、お腹乗り)

・猫さんがお布団で一緒に寝てくれる(重いし寝返り打てないけど猫飼いの至福)

・憧れの猫団子!(うちではまだ見たことのない光景。でもきっと間もなく実現!?)

 

野良出身の子猫(9ヶ月)を迎え入れることにしました

そんな冬待ちの我が家にこの度、子猫さんが1匹家族として加わりました。初秋に母宅へ行った時、庭へ遊びに来てうろうろしていた子の1匹です。しばらく考えた末、受け入れることにしました。目やにがひどく、捕獲してしばらく母宅で病院通いしてもらい、療養していましたが、先週引き取ってきました。

 

f:id:pancia:20170930173942j:plain

これは外猫さんだったとき撮ったもの。きっと縁があったんだね。

f:id:pancia:20171123152856j:plain

キジ白ちゃん。名前は「チロル」です。おそらく2017年2月下旬ごろ生まれ、現在約9ヶ月の女の子。温和で人も猫も大好き。

 

これからワクチン、避妊手術の予定ですが、少しこの環境に慣れるまで様子見です。しばらくは猫も私も落ち着かないし、あまり眠れないかもしれないけど仕方ないな..と思っていたのですが...。先住のシアンやパンナの様子にも気を配りつつ、気長に仲良くなってくれたらいいなと思っていた人間の私...

 

しかしその期待は大きく裏切られました。とても良い方に!! 

f:id:pancia:20171123152450j:plain

人間の心配をよそに、なんと5日目にはもうこんな感じに。

f:id:pancia:20171123152513j:plain

おしりをくっつけあって眠っています。姉妹のよう。

f:id:pancia:20171123152539j:plain

新入りのチロルは物怖じせず、他の猫も人間も大好き。おてんばパンナがすっかりお姉さんの顔に。

 

f:id:pancia:20171123152625j:plain

パンナはチロルの毛づくろいまでしてあげているし、すっかりお姉さん気分。

f:id:pancia:20171123152700j:plain

チロルも安心してスヤスヤ。

 

猫って賢い。ちゃんと経験から学びます。

昨年の2月にシアン一人っ子のところへパンナを迎えた時は、もう少しフーシャー言っていて、私も外へ仕事に出ていたので大変だった覚えがあるのですが、今回は人間が拍子抜けするほどすぐに打ち解けてくれました。

猫も相性があるのでしょうが...こればかりは引き合わせて見ないとなんとも言えないけれど、パンナもチロルももともとノラちゃん出身で、他の猫たちに囲まれて子猫時代を過ごしているので、育った環境が似ているから相性がよかったのかな。シアンは全く違う環境だけど、パンナの時でちょっと免疫がついて他の若い猫との接し方や距離感を学んだようです。猫って賢いなとあらためて思うのでした。

 

f:id:pancia:20171123152832j:plain

猫にねずみをのっけてみる。寝てる時だけは静か。

f:id:pancia:20171123152758j:plain

起きていたら転げ回って遊ぶところが、体は大きくなってきててもまだ子猫。

f:id:pancia:20171123152818j:plain

猫が安心してきって眠っている姿ほど、癒しをくれるものってないんじゃないかというほど。猫の癒し効果はすごい。

 

猫の性格も十猫十色でおもしろい!と気づけたのは、多頭飼いしたからこそ

長いことシアンは一人っ子だったので(12年ほど)、パンナが来て多頭飼いになってみて気づいたことはたくさんあります。

まず「多頭飼いは思ったほど大変じゃない!」ということ。「1匹いれば、2匹も3匹もそんなにお世話の手間は変わらないよ」という、多頭飼いされている猫飼いさんがみんな口を揃えたように言う話はホントだなぁと。(何十匹とかのシェルターレベルになればまた話は全然違うだろうけれど)

もちろん餌代や猫砂等はそのぶんかかるけど、ご飯をあげるのもトイレ掃除するのも、3匹になったからと言って、手間や負担が3倍に増えた感はありません。

実感としては同じなのは「猫」だということだけで、三匹三様で見ていて面白いな、癒されるなぁと、むしろ喜びは3倍以上だと感じます。

 

f:id:pancia:20171123155321j:plain

うちには今まで首輪を気にする猫がいませんでしたが、チロルは首輪を気にしてしまうタイプな猫さんだったので、首輪を改良。大きなリボンが付いていたのを外して、毛糸でできた花モチーフを。以前母が編んでそのまま袋にたくさん保管してあったものをもらって来たのでタダ。

f:id:pancia:20171123155335j:plain

色と大きさの違う2枚を重ね、真ん中に天然石ビーズを通して縫い付けて完成!(私の壊れたストラップに付いていたのを再利用。パワーストーンなので猫のお守りになりそう)

f:id:pancia:20171123155356j:plain

パンナはもともと首輪をしても服を着せても全く気にしない子なので、花が大きめでも大丈夫。

f:id:pancia:20171123155418j:plain

チロルには小さめの花を。それでもしばらく気になるようでしたが、今は慣れたようす。

f:id:pancia:20171123155431j:plain

シアンも首輪を気にしない猫。男の子なので茶×青の小さめモチーフで。 

 

万が一、脱走して迷子になってしまった際にも猫が帰ってこられるよう対策を

首輪はおしゃれのためにしているものではありません。もちろんおしゃれな首輪をしてもいいのですが、基本的には迷子防止です。どうしても嫌がってできない子は仕方ないけれど、飼い主としてはしていて欲しいのです。

これは、万が一逃げ出してしまった時の命綱としてとても大切なもの。言葉を話せない猫たちにとって、唯一手がかりとして命を救ってくれる可能性のあるものです。

マイクロチップも有効だと思いますが、今のところうちはしていません。理由は私が抵抗があるのと、保健所によって読み取り機材が新旧あって最悪バージョンが合わないと読み取れなかったりすると聞いたことがあるからです。両方しておくのが万全かもしれませんが、首輪がついていて迷子札有りなら、少なくとも「飼い猫」だとわかってもらえるからです。

保健所では飼い主不明の犬猫もほぼ1週間で殺処分になるところが多いとのこと。最悪の事態にならないよう、日頃から必ずなんらか対策を!

 

多頭飼いっていいですよ

f:id:pancia:20171123163615j:plain

いい感じの距離感を保つふたり。猫はちゃんと自分の居場所を家のどこかで上手に見つけるのですね。

f:id:pancia:20171123163722j:plain

f:id:pancia:20171123163741j:plain

f:id:pancia:20171123163758j:plain

f:id:pancia:20171123163816j:plain

すっかり前からいたような感じになっているチロルさん。まだうちへ来て1週間だけど。

 

もし多頭飼いに興味を持たれた方は、ネットで「多頭飼い、複数飼い」についていろいろ検索してみたり、できれば実際多頭飼いしている方にお話を聞くことができるといいと思います。相性が悪いと血みどろのケンカをするという話も聞いたことがありますが、今まで10匹以上の子を飼っていたことのある母宅でも、幸いにして、うちでは一度もありません。譲渡会では「トライアル期間」を設けていて先住猫がいる人にも配慮してくださるところが多いですし、兄弟猫を複数もらって育てる方もいます。

もちろん命ですので、安易に増やすことは進めませんが、お家の猫さんやご家族の性格も鑑みて、受け入れられるようならぜひ多頭飼いをオススメします。そうして行き場のない不幸な猫が減り、幸せな猫さんと飼い主さんがひとりでも多く増えるといいなと思います。

 

私の実感として、苦労よりだんぜん幸せが増しました!今日も三匹のもふもふの下敷きになって「重い...しあわせだ...」と思いながら寝ることにします(笑)

猫にも人にもつくダニにご用心!ダニ駆除して動物病院へ行ってきた

秋なのにダニが発生!猫も人もかゆい!!

世間は日に日に寒くなったと言っている今日この頃、東京湾に面したこのあたりの地域はなかなか寒くならず。もともと私は冷え性ではなく暑がりな方なので、フリースの寝巻きなどが着られません。真冬でも夜中に暑くて、汗をかいて目覚めてしまうのです。もこもこしていて肌触りが良さそうで、ついうっかり買ってしまい何度か失敗しています...(あの寝巻きは寒冷地の人が買うものなんだろうな、と勝手に思っていますが、東京でも普通に売っていますね...^^)

f:id:pancia:20171101181557j:plain

コーヒーが届いた。とりあえず踏んでみる。「すみません、それ私が飲むんですが...」

f:id:pancia:20171101181614j:plain

「やば!見つかった!」と逃げる。

 

そんな我が家で事件が...9月末〜10月にかけてダニが発生しました!そんなの夏に発生するものでは?と思ったのですが、このあたりはもともと温暖で、マンションは気密性が高いので秋でもダニには気をつけねばならないようで...

f:id:pancia:20171101175400j:plain

f:id:pancia:20171101175417j:plain

f:id:pancia:20171101175431j:plain

「フライングタイガー」で猫たちへのお土産に買った新しい爪とぎ(1000円)が、我が家で並びが出るほど(笑)大人気。かさばるのを持ってきた甲斐があったよ。久々に行ったらペット用品が充実してました。この手の爪研ぎは、通常のものより若干お高めですが、結構長持ちするし、何より猫が体重をかけて研げるので研ぎやすいようで猫に大人気。最近はネットで安く売ってることがあるのでおすすめです。

 

思いつくダニ対策はしたけれど...

今までダニが出て悩まされたことはなかったので、結構動揺しました。うちは完全室内飼いだし、外からノミやダニを持ってくることはまずないだろうとたかをくくっていたのが大間違い。気づいたきっかけは、私が睡眠中に脇の下や内腿等の「服に隠れているけれど柔らかい部位」を何らかの虫にくわれて、強烈なかゆみが1週間程続いたこと。これは蚊じゃないな...と感じ、ネットでいろいろ調べました。

この時はひとまずドラッグストアへ駆け込んで「ダニアース」や「ダニ駆除スプレー」を撒き、掃除機をかけて洗えるものは全て洗い...

しばらくして人間の方が落ち着いた頃、今度は猫がかゆがるようになってしまいました。

f:id:pancia:20171101180248j:plain

温暖な地域とはいえ朝晩寒くなってきたので、ホットカーペットを出した瞬間、なかよしなおしりたち(笑)

 

耳ダニ?猫カビ?動物病院へ

目の上を後ろ足で掻くので、少々毛が抜けてしまい...とりあえずネットでフロントラインを注文して応急処置。1週間ほど様子をみましたがまだ同じところを掻いてしまうので、動物病院へ行ってきました。

私は「耳ダニ(ミミヒゼンダニ)」や「猫カビ(真菌)」「何らかのアレルギー」の可能性を想像していたのですが、結果は「耳ダニ(ミミヒゼンダニ)」や「猫カビ(真菌)」ではなかったようで安心しました。耳ダニは感染力が強いらしく、多頭飼いでは1匹がかかれば他の子も全て疑わねばならないし、真菌も他の猫や人に移ります。ダニアレルギー等の可能性はわからないのですが、いただいた薬で治らない場合、検討することで一旦持ち帰りとなりました。

昨日、今日と飲み薬を飲ませ(猫缶に混ぜて食べさせるのもちょっとした苦労が...ステロイド系は糖尿病の猫にはダメだということで、シアンがパンナのえさに手を出さないよう、食べる間見張っている私)、目の上には軟膏を塗る。嘘のように全く搔きむしらなくなって一安心。こういうのって「そのものズバリ!の原因」はわからないことが多いもので...今回もよくわからなかったけれど、このまま治ってくれますように。

  

f:id:pancia:20171101180431j:plain

もともと猫って(特に黒い子は)、目の上の毛が薄いのですが、さすがにハゲてきたのがわかります。目の上と耳周りに軟膏を塗られ、ベタベタですが思ったより気にしていない様子。匂いがほとんどないからかな。

f:id:pancia:20171101181249j:plain

お手をしてくれていますが、「ハゲ」が気になります。 

f:id:pancia:20171101181401j:plain

やっぱり毛が薄い...またもとに戻るのにどれくらいかかるかな。

f:id:pancia:20171101180452j:plain

頭の後ろ(自分で舐められないところ)にアドボケートという薬(ミミヒゼンダニにも効果のあるとされる)を投与、目や耳周りにはリンデロンAという軟膏を処方してもらいました。このほかに飲み薬としてステロイド系のお薬と抗生物質を7日分もらいました。

 

 

↓動物病院に行ってる間だけおとなしかった方ですが...

f:id:pancia:20171101182016j:plain

帰ってくるなり猫じゃらしを持ってくる。ちっとも安静にしない。

f:id:pancia:20171101182139j:plain 

飼い主は疲れたので無視していると... しばし待つ。(10秒くらい)

f:id:pancia:20171101182353j:plain

じっと見つめてくる...

f:id:pancia:20171101182729j:plain

椅子を相手にダダをこねてみる

f:id:pancia:20171101182847j:plain

f:id:pancia:20171101182917j:plain

f:id:pancia:20171101182940j:plain

おかげで椅子を引く時、万が一にも猫をひかないよう、飼い主はいつも緊張感を持っています...

f:id:pancia:20171101183010j:plain

毛づくろいする余裕をかましてみる

f:id:pancia:20171101183217j:plain

押してだめなら引いてみる。ちょっと下がって上目遣いで「遊んで」とお願い中。

f:id:pancia:20171101183510j:plain

最終的にはブログを書く私の手元に乗ってふて寝...

 

 

100均商品で見つけた!猫がご飯を食べやすいお皿

猫のご飯用のお皿、こだわってますか?

猫がご飯を食べる時のお皿って、どんなものを使っていますか?別になんでもいいという方から、かなりこだわっている方もいらっしゃるかもしれません。

私は「汚れが落ちやすく」「それなりに長持ちして」「手頃な価格で」なおかつ「猫が気に入ってくれるもの」が欲しいと常々アンテナをはっています。

人間の要望はいいとして「猫が気に入ってくれるもの」ってなかなか基準がよくわからず、ハードル高いですが...「食べやすいかどうか」が大きいんじゃないかなと考えています。

基本的にお皿は陶器のもの(汚れを落としやすく、傷がつかず、割れなければずっと使える)にしていて、値段はとてもリーズナブル。家にあったものか100均やバザーで購入したものです。(ただし飲み水を入れている器は通販で買った「猫が水をよく飲むようになるという土で作られた焼き物。1つ1600円くらいで購入を2つ使用)

 

なんと100均のダイソーにちょうどいいのがあった!

少し前までは白の真円のシンプルなものを使っていて、私はそれがわりと気に入っていたのですが、最近「猫はヒゲのセンサーが敏感だから、なるべくお皿はヒゲがあたらないもの(楕円などある程度横幅が広い)がよいという情報を見ました。

それはネット通販で猫用の餌皿を販売するページだったので、そのようなうたい文句が書いてあるのかな..とは思ったのですが、確かに普通に考えてもヒゲがお皿にあたるのは食べづらいだろうなと納得してしまいました。ただそのお皿は結構なお値段でしたので、何か他によさそうなのないかな...とアンテナをはっていたところ...

見つけました!ダイソーで。ちょうどいいお皿!深さも大きさも色合いもかなりちょうどいい。そう、こんな感じ!!一応試しに3枚買ってみたけど、使ってみたら量もちょうどいい感じ。そして真円より洗いやすい。なくならないうちにまた買いに行こうと思いました。

f:id:pancia:20171015175856j:plain

f:id:pancia:20171015175919j:plain

f:id:pancia:20171015181129j:plain

f:id:pancia:20171015181206j:plain

左奥が以前使っていた真円のお皿で、手前が新しく購入した楕円のお皿。1食分のカリカリを入れたところ。浅すぎず深すぎず、猫にも人間にもちょうどいい感じ!

 

 

今日のおばかにゃん

f:id:pancia:20171015181610j:plain

f:id:pancia:20171015181625j:plain

洗濯機の上の棚に入ってみたら、ハマって出られなくなったにゃ!助けてにゃー!!

 

今日のおばかにゃん2

f:id:pancia:20171015181854j:plain

お米たくにゃ!?嬉しいにゃ!!

f:id:pancia:20171015181917j:plain

あれ?まだお水ないにゃ...

f:id:pancia:20171015182307j:plain

最高にうまいにゃ!!たまらんにゃー!!!

f:id:pancia:20171015182032j:plain

にいちゃん、あたしも!お米のお水!!

f:id:pancia:20171015182122j:plain

シアンはお米のとぎ汁が大好物になってしまい...炊飯ジャーを出すとやってくる。パンナは水遊びしようと狙っています。すみません、それ、私が食べるんですが...

 

f:id:pancia:20171015182357j:plain

寒くなってきたのに猫たちは窓辺が好き。たまには仲良く。

f:id:pancia:20171015182447j:plain

肌寒くなるとべったりくっついてきます。膝にのったりお布団で一緒に寝ます。猫飼いにとってはたまらない季節の到来です。

猫も夏から秋のしたく。

もう9月も終わり。今年も残暑が厳しかったけど、やっと朝晩秋らしくなりました。コーヒーもアイスよりホットを飲むことが増えて来た。私は四季の中で夏が一番苦手で、秋が一等好きなので、この時期の季節が移ろう時間がたまらなくいとおしい。猫たちもそろそろ夏から秋のしたくへ。夏毛から冬毛へ、もふもふが一層かわいらしく輝く季節がやって来ます。

 

f:id:pancia:20170930173906j:plain

f:id:pancia:20170930173740j:plainf:id:pancia:20170930173810j:plain

f:id:pancia:20170930173844j:plain

まだ残暑厳しい9月、パンナさんはいつもこんな風におっぴろげでその辺に転がっている。踏まないように気をつけなければいけなくて若干困る...

 

先日母が住む福島へ行って来ましたが、そこは東北、東京より少し季節が進んでいました。しばしのショートトリップだったけど、何度しても旅はいいものですね。

私は旅行が趣味で結構いろいろな場所に行くのですが、地方に行くとひとつ必ず気になることが...

地方は都心に比べて野良猫が多いと思うのです。空き家の多さや管理されていない土地も多く、野良猫が増えやすい状況にあるのかとも想像してみましたが...。おそらく都心部と違ってTNRの推進なども行われていないようすで、耳をV字にカットされた猫をみかけない。野良猫を減らすための仕組みが機能していないこと、慣習や生活様式、価値観の違いなどから都市部のようには「先進的な動物と人間の共生」という概念が浸透しづらいのかもしれません。

 

f:id:pancia:20170930173942j:plainf:id:pancia:20170930174003j:plain

母宅に遊びに来た近所の猫さんたち。まだ小さい。どの子ももらってあげたいけれど、そういうわけにいかないし...ノラちゃんたちをみると何匹の子が冬を越して大人になれるのかと心が痛む...やはり無秩序に増やしてはいけないと感じる。

 

帰宅すると猫たちが帰りを待っていてくれましたが、やはり「他の猫と浮気してきたにゃ?」という眼差しで見て、あちこちクンクン嗅ぎまわってきます。ペットシッターさんにお願いして途中で様子を見てもらってはいるものの、元気な顔を見るとホッとします。

 

f:id:pancia:20170930174023j:plain

帰宅した途端、他の猫のにおいを嗅ぎつけて?リュックにやつあたりするパンナさん。

 

夏の暑い間は猫も床に転がっていることが多いのですが、涼しくなって来るにつれて徐々に距離をつめてきます(笑)。人間の隣が一番暖かいと知っているようで、ふわふわの膝掛けをかけた途端、膝の上を占領して寝る始末。もっと寒くなると、朝までちゃんと布団の中に入って眠ります。隣で眠る猫の体温を感じながら目覚める寒い朝、とても幸せな目覚めなのです。これから秋が深まると、そんな素敵な季節がやってきます。 

f:id:pancia:20170930174047j:plainf:id:pancia:20170930174111j:plain

膝の上ですっかり寝落ちするパンナ。とても可愛いのでどかすのは忍びないのですが、ずーっと乗られていると結構重くて足がしびれてきます...これもある意味猫飼いの幸せか...