ねこと、手をつなごう。

「ねこと人間のしあわせな共生」をさまざまな角度から考えて行くブログです。

糖尿病になった猫&虐待にあった猫と暮らす私(pancia)が、 「猫と人がともにしあわせに暮らす」日々のために できることを探し、発信していくブログです。

高齢猫の食事について「猫が吐くときはどうしたらよいか」

いつにも増して今年は忙しない年の瀬です。私はこの12月驚くほど働いていて、あまり記憶がありません・・・。フリーランスはいつ仕事がなくなるかわからない身なので、あるときは時間や曜日を問わずやるしかありません。でも忙しいというのはありがたいことですよね。そしてふと気づけば、どうやら今日はクリスマスのようですね。やっと目処がついたので、こうしてブログを書いています。

 

最近猫たちにきちんとかまってあげられてないせいか、昨日おやつをあげたらシアンが吐きました。猫って結構吐きますよね。健康な子、若い子でもがっついて食べるとそのままフードを吐くし、猫草を食べた後毛玉を吐いたりするので、吐く事自体が全て病気だということではないようです。吐いた後本人(猫)がケロッとしていて食欲があればそんなに問題はないようとのこと。ただ、高齢猫の場合は特に「どんな状況で何を吐いたか」を注意してみてあげないと、大事に至ることがあるようなので、気をつけなければなりません。

 

f:id:pancia:20161225160611j:plain

高齢猫仕様にしたフードを食べるシアン。彼はえり好みもせず食べてくれるので助かっています。

 

シアンは以前から結構吐くことが多く(ダブルコートで毛の量が多いことや、猫草を好んでよく食べている事とも関連があるのかなぁと思っていましたが)、いつもケロッとしているのでそんなに心配はしていませんでした。ただ最近13歳を超えたくらいから吐く頻度が少し増えたようで、さすがに気をつけねばと思います。あまりに吐くようなら病院に連れて行かねばと思い様子を見ていたら、どうやら「おやつをあげた時」、「長い空腹時間空けのご飯時(特に朝食時)」、「別のフードをあげた時」に吐いていました。ネットで調べてみると高齢猫はやはり年とともに消化器官が衰えるので、消化に悪いものをあげてはいけない(胃を荒らして、嘔吐物に血が混じる事もある)ようだとわかりました。

 

f:id:pancia:20161225160727j:plain

ウェットフードを混ぜてあげるとペロリと食べてくれます。猫ってこれ好きですよね。ふたりとも開けると走ってきます。

 

やはり人間が何かを食べていると猫も欲しがるし、そのたびに猫のおやつを持ってきてあげてしまっていたのですが、年齢的にご飯以外の嗜好品はあまりあげられないようです。(大好きだったカニカマスライスや、ゆでた鶏ささみ等、今まで大丈夫だったものも吐いてしまうようになりました)1歳半の若いパンナと同じペースで接してはダメだなぁと反省しました。

 そこで最近は今まで食べていた「ネスレピュリナワンの11歳以上用腎臓ケア」に少量水を入れ、電子レンジでチンしてふやかしてからあげています。ただそれだけだと、やはりあまり美味しくないのか食いつきがよくないので、ウェットフードを混ぜています。(飼い主からすると「人肌にあったまったウェットフードのにおい」を嗅いでいると、生臭くてちょっと気持ち悪いのですが、シアンは気に入って食べてくれているので我慢です・・)

f:id:pancia:20161225160900j:plain

ほとんどなくなりました。あまり偏食にしてしまうと、「年をとったり病気になったりした時フードを変えても食べてくれなくて困る」と獣医さんの本で読みました。若い猫のうちにある程度 、いろいろなもの(猫用の食品)を食べさせておくといいそうです。

 

高齢猫になると、若い猫のときよりちょっと調子が悪くなったりすることはあるのだと思います。(人間もそうですよね)そんなとき、もちろん大事に至る前に獣医さんに診てもらうことが重要なのですが、猫ってスーパー内弁慶なんですよね。へたをしてそんな大事でないのに頻繁に病院へ行ったりすると、(飼い主は安心しますが)猫は一層体調が悪化したりもしかねません。

猫はどこか悪くてもそれを隠そうとするらしいので(弱っていることを悟られると襲われるからという、野生の「生命を守る本能」だそうです)、注意深く見守って今何をするのがベストか、飼い主さんがきちんと判断してあげたいですよね。

そして健康で1日も長生きしてくれることを願うばかりの、2016年のクリスマス(年の瀬)です。シアンにチキンはあげられないけど、猫さんたちと一緒に過ごせるクリスマスに感謝して、これから何かニャン達へのプレゼントでも買いにいってこようと思います。

 みなさまもよいクリスマスをお過ごしください!

 

<本日のパンナお邪魔劇場>

f:id:pancia:20161225155159j:plainf:id:pancia:20161225155212j:plain

にいちゃん遊んでにゃ。ガブリ! あれ?お疲れなのかにゃ?ぺろぺろ・・・

 

f:id:pancia:20161225155354j:plainf:id:pancia:20161225155410j:plain

遊んでくれないなら寝るにゃ。にいちゃんの隣でウトウト・・・

 

f:id:pancia:20161225155524j:plainf:id:pancia:20161225155627j:plain

すごい寝相のパンナ。半目あいてるし。股からしっぽ出てるし。

 

f:id:pancia:20161225155721j:plainf:id:pancia:20161225155713j:plain

うら若き乙女なのに・・・

 

f:id:pancia:20161225160053j:plain

「水は新鮮な一番絞りか、この富士の天然水にかぎるにゃ」

起きて今度は飼い主の水を勝手にのむパンナ。この中に手をいれるのでそれはやめてほしいのですが。

パンナは私が歯磨きをするため洗面所で蛇口をひねると、ダッシュでやってきます。コップにためた水を飲むのが日課。たまり水ではなく蛇口から出ている水がいいようです・・・

 

「猫がよろこぶ猫用動画を紹介します!」&「amazonのfireTVstickを使ってみました」

ついに師走モード全開ですね! その前にせめて少しだけでもクリスマスムードを味わおうと、今日はクリスマスソングを聴きながらこのブログを書いています。私もここで、(デスクにはりついて微動だにせず)(気持ちだけは)駆けずり回って働き三昧の毎日です。

そんな飼い主の事情を、猫たちが慮ってくれるはずもなく、ニャンズは今日もせっせとジャマに精を出しています。たぶん、ずっと家にいてほとんど机の前でパソコンに向かって動かないから、「こいつ出かけるとこなくなって暇そうだな〜、構ってやるか」って猫さんたちは思っているのかも…だとすれば良かれと思ってくれてるのかな…。

 

f:id:pancia:20161214104152j:plain

最近ホットカーペット+ストーブのぬくぬく効果で猫さん達は仲良し風。見ているこちらは大変癒されております。ありがたや^^

 

最近このブログは私のジャマをする猫さん達と、さくさく仕事を進めたい私の攻防記みたいになっていますが、もともとのテーマは「猫も人間もお互いが幸せに暮らすこと」なので、何とか猫が楽しめる工夫をしつつ、ちょっと飼い主を放っておいてもらおうというアイデアを書いています。

とはいえ、なかなか猫にジャマをされることに困っているという方もいないかもしれないので、その点でお役に立てるかはわかりませんが(笑)、猫さんを退屈させてしまってるかも、もっと楽しませてあげたいという方にもオススメの動画を見つけましたのでご紹介します。

 

●猫がよろこぶ「猫用動画」

www.youtube.com

 

「猫用動画」でYouTubeを検索すると結構出てくるのでいくつか観てみたのですが、今のところ私の中でこの動画がベスト。強制広告が出なくて、2時間弱という時間の長さが垂れ流しておくにはちょうどいいと感じています。内容は森の中の景色で、うさぎやリス、小鳥たちがひっきりなしにやってきてご飯を食べているだけのものですが、ついでに人間も癒やされます。

f:id:pancia:20161214105152j:plainf:id:pancia:20161214105309j:plain

特にシアンが食い入るように真剣に見ています。

 

最初はiPad miniで観せていたのですが、気に入ってくれていたので、調子にのって勢いでamazonfireTVstickをポチりました!(実はうっかり?サイバーマンデーの安売り前に買ってしまいましたが、プライムNowの初回特典の2000円割引クーポンがあったので実質3000円で購入しました。でも定価だとしても、5000円でこの機能なら後悔はありません!!)

f:id:pancia:20161214105509j:plain

機械なんて繋いだことないよってに人も、これはオススメ。テレビの後ろに差し込むだけなので簡単です。ネット環境さえあれば、届いてすぐに観られます。

 

amazonfireTVstickYouTubeなどの動画がテレビ画面で観られるほかに、旧作映画やテレビドラマなんかも観られます。アプリを入れてたくさんのゲームを楽しめます。(大画面でゲームしたい派なので、携帯や小さな端末が普及してからゲームから遠ざかっていましたが、またRPGとかやっちゃおうかななんて思いました。)

私は録画をしてテレビを観ることが苦手で全てリアルタイムで観ることにしています。秋からのクールでは逃げ恥と校閲ガール、NHKのドラマ10、真田丸等週6〜7本くらい観ていますが、全てその時間にテレビの前に座るというアナログ生活です。これって会社員をやめて自宅勤務だからできるようになったところはありますが、でかけていても今日は逃げ恥だから早く帰んなきゃ!という感じです。

(撮ってしまうとなぜかそれで満足し、溜まる一方で全然観ないという、変な性質を持っていまして…。それでいて溜まっていることに「見なきゃ見なきゃ」という変なストレスを感じるので、それに気づいてから録画はやめました。)

 

f:id:pancia:20161214110738j:plainf:id:pancia:20161214110751j:plain

猫さん達、夢中です!!これでしばらく大人しくしていてくれるといいな。録画しない派の私はDVDデッキが不要になり人にあげてしまいました。そして今はそれがあった場所になぜか本が収納されています。

 

年末年始、冬休みにはfireTVstickが大活躍してくれそうです。家族や友人が集まってリビングのテレビで観るのにも(BGM代わりに映画を垂れ流しておくのにも)よさそうです!私はamazonの回し者ではないけれどかなりオススメします。よろしければ一家に1台ぜひどうぞ^^

 

今日の猫つれづれ話ーわくわくほっこり冬支度

日に日に寒くなり、東京でもついに先日雪が降りました。11月の雪は54年ぶりだそうで、最近なにやら夏と冬が長くて、いつの日か日本に四季がなくなってしまうのではないかと心配しています。

寒いと温かいものが恋しくなりますよね。私はコーヒー好きで、仕事をしながら1日3〜5杯くらいは飲んでいます。普段はカルディ等のお店で挽いてもらった粉をデロンギのコーヒーメーカーで淹れて飲んでいるのですが、先日、贈り物にコーヒーマシンをいただいたので使ってみることにしました。

f:id:pancia:20161127143519j:plain

もう街はクリスマスムード満点。11月の東京に雪が降った日、冷たく澄んだ空気の中、丸の内のイルミネーションがとても綺麗でした。

 

これは「ネスカフェドルチェグスト」といって、カプセルをセットするだけで手軽にいろんなフレーバーのコーヒーが楽しめるものです。味がいろいろあって飽きません。お水を入れてすぐお湯が沸き、1分くらいで1杯分の美味しいコーヒーができます。私のような家にいる時間が長い人以外にも、「朝コーヒーを飲んでおでかけしたい」という方にも、手軽で早いのでかなりオススメです。カプセルは1箱900円くらいで16個入り。(フレーバーコーヒーやミルクティだと8杯分)様々なコーヒー、エスプレッソやカフェラテ・ソイラテ以外にもミルクティーや宇治抹茶なんかもあって、その日の気分で楽しめます。コストもそんなに高くないのでしばらく続けてみようと思います。

 

f:id:pancia:20161017162921j:plainf:id:pancia:20161017162936j:plain

f:id:pancia:20161017161815j:plainf:id:pancia:20161017161828j:plain

ネスカフェドルチェグスト」のマシン本体は、ネスレのサイトからだとカプセルを定期購入すれば無料だとのこと。本体を無料でもらうか、自分で購入するかはその後の使用度合いで選ぶことができますね。今日は「ソイラテ」に、アップルシナモンシュガーをかけてみました。なかなか美味しい! このシュガーは「おひさまキッチン」というシリーズでS&B(エスビー食品)から発売されています。いろんな味があり、トーストにかけたりコーヒーに入れたりして楽しんでます。100円くらいで売っていて、手軽に味を変えられるのでいいです。「ネスカフェドルチェグスト」のカプセルは数種類試した結果、個人的には大きなマグカップでたくさん飲める「リッチブレンド」が味と量の両方の点でお気に入り。

 

寒くなってきたのでストーブやらホットカーペットやらをだして、本格的に冬支度なのですが、早速一番ほかほかで特等席のところを真っ先に陣取る輩が・・・

f:id:pancia:20161127144344j:plainf:id:pancia:20161127144401j:plain

え?もちろんここ、あたしの席よね? あたし東北うまれだけど寒いのはきらいなのにゃん。

 

パンナが我が家にやってきたのは今年2016年の2月中旬でしたが、春先に向かう時期でしたので、シアンとパンナが寄り添う姿は見られずじまいでした。猫好きのロマン(笑)である、仲良く折り重なって温めあうふたりを期待していたのですが・・・実現せず。(どころか、シアンは当時フーシャー言って怒っておりました。そりゃあそうだよね。。。)

 ですが最近、そんなふたりにちょっと変化が!

f:id:pancia:20161127150155j:plainf:id:pancia:20161127150209j:plain

 

基本的にパンナはシアンのストーカーなので、彼がいくとこいくとこついていってくっつきたがります。今までは逃げて歩いていたシアンが最近、ちょっと諦めた(?)のか、2ショットが増えたような気がします。たぶん、寒くなってきた影響もあるのかなと思っていますが、春になるまでにこれに慣れて仲良しになってくれるといいなと、ほのかに期待する私です。

 

そろそろ販促品に「カレンダー」がついてくることがある時期だなーと思っていたら、今年はいつも注文している楽天のペット用品店のカレンダーは有料になっておりました。でもよく見たら「12円」で、この金額は寄付金にしますとあったので即買い。こういう企画ならぜひ毎年やっていただきたいなぁと思います。

f:id:pancia:20161127150507j:plainf:id:pancia:20161127150520j:plain

最近パンナが立て続けに布団で粗相をしたので、ついに人間のトイレ内に猫トイレを増設。たくさん買ったら試供品をいただいたので、早速ふたりにあげてみるとすごい食いつき! IAMS(アイムス)は以前まだシアンが若い猫だった頃、しばらく使ったことがあったのですが、飽きて食べなくなってしまったので他のものに切り替えたのでした。それももう何年も前のことで、最近やたら「美味しくなった!!」と宣伝しているのをあちこちで見かけるなーと思っていたら、今回サンプルを頂いたのでした。

 

f:id:pancia:20161127151223j:plain

くんくん・・・おいしそうなにおい!!

f:id:pancia:20161127151317j:plainf:id:pancia:20161127151329j:plain

「うまい!うまいにゃ!!」

ふたりとも、気に入ってペロリと召し上がりました。次回一袋買ってみようかな。

 

f:id:pancia:20161127151538j:plain

f:id:pancia:20161127151549j:plain

最近パンナが「キャッチミーイフユーキャン」に飽き気味なのをいいことに、シアンが興味を示しております。パンナはなぜかこの半透明の袋が気に入っていて、しまっても出してきてしまいます。(シアンが遊ぼうとしているところへ袋ごと突っ込んできて、邪魔をしてどかすパンナの図・・・いつものことですが)

 

f:id:pancia:20161127151943j:plainf:id:pancia:20161127151928j:plain

今日は無印良品から大きなダンボールが届き、その中にあった大量のクッション材の中で遊んでいました。そういや遊園地やゲームセンターの片隅に子供が入って遊ぶ用のこんなコーナーがあったっけ。猫にとっては高いおもちゃなんていらなくて、周りにあるものなんでも面白いのかもしれませんね。(でも何をやらかすかわからないので、安全には注意です。)人間の私は知恵を絞って猫さんたちが喜んでくれるものを探してこようと思います。またいいものを見つけたら、こちらで紹介しますね^^

 

 

   

NHK特報首都圏「どうする?ペットの“老後”~高齢化時代の最新対策~」をみて考えた

先日、NHK特報首都圏「どうする?ペットの“老後”~高齢化時代の最新対策~」を観ました。現在、日本の家庭の1/3でペットを飼っているということに驚いたのですが、(15歳以下の子供の数を上回ったというのも他の記事でみました)近年では「ペットの高齢化」が進んでいるということでした。これにはペットフードの進化、飼育環境(完全室内飼い等)、医療技術の進化などが関係しているそうです。

 この番組を視た感想をひとことで言うと「人間と同じになってきてるんだ」と驚きました。介護される側の動物と、する側の人間の問題が、人間の高齢化社会の問題と構図が似ているんだなぁと・・・ペットの高齢化問題も待ったなしです。

 

f:id:pancia:20161113132727j:plainf:id:pancia:20161113132750j:plain

猫たちは冬毛になってもふもふ度アップ!パンナはちょっとまんまるに…太ったように見えたので体重を測ったら3.7キロが4キロになっていました。冬だから蓄えているのか?しかし元気で長生きのためにはちょっとカロリー控えめにしなくては。)

 

レポーターの方が「老犬介護ホーム」を訪ねるのですが、ここには「寝たきり」や「認知症」になって通常の生活が自立して行えず、四六時中何らかのケアを必要とするわんちゃんがたくさんいました。

自力で起き上がることができなくなり、介護スタッフが食事や排泄の世話をしている子。床擦れ防止のために定期的に体の向きを変えてあげます。また、同じ場所でクルクルと回転し続ける子。これは犬の認知症の典型的な例だそうです。

一心不乱にドッグフードの入ったお皿に顔を突っ込み続ける子もいました。ご飯を食べているように見えて、実際は少しも口に入っていません。この犬は、認知症により物との距離感がつかめなくなり、うまくご飯を口に運ぶことができなくなってしまったとのことでした。

これらの老犬は飼い主によって、介護施設に入れられた子たちです。飼い主自身も高齢になって家族同然に暮らしてきた犬や猫を世話することが難しくなり、泣く泣くお金を払って施設にいれたという高齢男性が話をしていました。

この男性は奥さんに先立たれた後、犬と支え合って生きてきたが、四六時中介護が必要となった高齢犬の世話をすることは、自身の体力・精神的に負担が難しく、貯金を取り崩して介護施設へ入れたとのことでした。

 このように家族として過ごしてきた犬や猫を大切に思い、施設に入れる人がいる一方、手に負えないからと捨てたり、保健所に持ち込んだりされる子が多いのも事実です。生き物ですから、いつかは老いて死んでいく。これは人間も動物も避けられない宿命です。昨日まで可愛がっていた子たちを、動けなくなったから、病気になったから、もういらないとどうして捨てられるのか、私には理解できませんが、実際そういったことが毎日たくさん起こっているのですよね。

 

いたずらに飼育放棄するのは以ての外であり論外ですが、現実問題として飼い主が先に亡くなってしまったり、金銭的に追い込まれてしまったりすることがあるということに、(実際、動物の医療費は高額ですよね)もっと目を向けて、それらをどう解決してくのかを考えていかねばならないと思いました。

 

 ★★★今日のパンナお邪魔劇場 ★★★

f:id:pancia:20161113133214j:plain

先日100均で買った猫じゃらし(ねずみ)がお気に入りなのはいいけれど・・・

 

f:id:pancia:20161113133236j:plain

なかなか一人で遊んでくれず、「遊べ遊べ・・・」とガンを飛ばして念を送ってくるパンナ。それでも無視し続けていると・・・

 

f:id:pancia:20161113133256j:plain

実力行使。「遊んでくれるまでガリガリしてやる〜」としつこく・・・

 

f:id:pancia:20161113133310j:plain

ついに折れて遊びに付き合うことに。おとなしく寝てくれるといいなと思って私の足元に座布団をおいてみましたが、遊びたい盛りのようで。今日も張り切ってジャマをしてくれるパンナさんです。

 

 

 

糖尿病になった猫シアン、元気に13歳のお誕生日を迎えました

数日前から一気に秋が深まり、急に肌寒くなってきました。あったかいスープやカフェラテが恋しくなりますね。冬支度をはじめるこの時期が、私は結構好きです。お布団のカバーや猫たちのベッドも冬仕様にして、ふんわりもこもこに。猫たちも冬毛になってきてふわふわ・まんまるでかわいいんですよね。なんだかホッと癒されます。

f:id:pancia:20161030130753j:plain

鍋でもしようと白菜を買ってきたら、早速かじられています。なぜかシアンは葉物野菜なら何でもいいようで、猫草をあげているのに白菜やキャベツを食べてしまいます。観葉植物を食べたりはしないので、特に害はなさそうですが。歯ごたえがいいのかな。シアンが食べているものは何でも気になるパンナ。この後シアンから横取りしてみるものの、結局は食べず。

 

昨日、2016年10月29日は我が家の兄ちゃん猫、ロシアンブルーのシアンの、13回目のお誕生日でした。彼は私が念願叶って人生で初めて飼った猫です。不慣れな飼い主孝行な子で、本当に温和でおとなしく手がかかりません。生き物が家にいるってかなり大変なのでは?手が離せないのでは?と思われる方もいるようですが、シアンに限っては大変だと思ったことがありません。彼は若いときから、何か達観しているような仙人のような顔(ドラゴンボールの猫神様「カリン様」みたい)をして、静かに目を細めこちらを見ているような子です。ほとんど自己主張をしてこないので、彼が何か言ってくるときはよほどそれがしたいんだなと思います。

f:id:pancia:20161030131203j:plain

パンナがやってくる前、一人っ子だった時のシアン。まだ平和な時代です。

 

昨日は「バースデースペシャルメニュー」なご飯(カリカリの上に大好きな猫缶と鶏胸肉をゆでたもの、そのスープをかけたもの)を、喜んでたべてくれました。パンナもご馳走にあずかってうれしそうにしていました。そんな2匹を見ていたらとても幸せな気持ちになれます。私はどんな時も、シアンとパンナ、2匹の猫たちに元気をもらっているのだなと、シアンの誕生日にあらためて感謝しました。

 

f:id:pancia:20161030131307j:plain

パンナが来て10日くらい経過後。パンナは生まれたときからたくさんの猫の中で育ちましたが、シアンはお母さん猫と兄弟しかみたことがないはず。それでも頑張って、未知の生物を受け入れてくれようとしています。

 

2014年11月に糖尿病が発覚してからもうすぐ2年、日々朝晩2回のインスリン注射をしている以外、全く元気です。はじめは病院通いが大変でしたが、早いものであれから2年、とても安定しています。

糖尿病になった際に病院の先生から「糖尿病はきちんとインスリンでコントロールすれば天寿を全うできる病気です。だからこそ、腎臓病等の他の病気の併発には細心の注意を払って」と言われたことを、あらためて肝に銘じます。

猫にとっての13年は、人間の年齢に換算すると68歳だそうです。もう70歳近いシニア、シアンはおじいちゃん猫です。毛に覆われているから、よくわからないのですが着実に老いてきているのだなあと、実感させられます。いつまでも元気で、1日でも長生きできるよう、私も出来る限りのことをしてあげたいと思います。

猫の年齢を人間に換算すると・・・(リンク)

http://www.kao.co.jp/pet/cat/jiten/category01/002.html

 

f:id:pancia:20161030131529j:plain

パンナはシアンのことが大好きで、いつもシアンの後をおっかけちょっかいをかけます。シアンが避難して隠れてしまったときは探しているようですが、見つからないと私にストーカーしてきます(笑)2匹はかなりの年齢差がありますが、シアンが大人なので「ウー」と唸っていなしたりしながらも、危害を加えたりせずつきあってくれています。パンナはかなりしつこいので、たまに「これは怒るよなー」と思うようなシーンもあるのですが、それでも適当にうまくあしらっている。彼には感心します。私も見習うべきところがたくさんあります。人間できてるではなく「猫できてる」なシアンです。

 

このサイトには「糖尿病 猫」のキーワードで訪れてくださる方もいるようなので、2年前、シアンの糖尿病が発覚した時に、一番お世話になったサイトさんのリンクを貼らせていただこうと思います。猫の糖尿病についてとても詳しくわかりやすく書いてあり、何より管理人さんの「猫のグーちゃん」への愛情の深さを感じます。管理人さんも「糖尿病を持つネコとその飼い主さんに役立ててもらえたら幸いです。」と書かれていますが、私も全く同じ想いです。

 

グーメモリアル/猫の糖尿病(リンク)

www.geocities.jp