読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
糖尿病になった猫&虐待にあった猫と暮らす私(pancia)が、 「猫と人がともにしあわせに暮らす」日々のために できることを探し、発信していくブログです。

妖怪ジャマねこ娘とへび。

猫っていうのは人間が何かしていると絶妙のタイミングでジャマをしてきませんか? 例えばこの時期だと「大人しく寝ているから衣替えでもするかー」と押入れを開けた途端、走ってきて押入れに入り込み行方知れずになる等・・・(さっきの我が家の状況ですが・笑)

シアンはほとんど大人しくしていますが、パンナはなぜか毎日夕方の16時半をすぎるとやってきて、机の上に陣取ってしまいます。

 

f:id:pancia:20170429135121j:plain

f:id:pancia:20170429135141j:plain

こんな状況なので仕事にならずしばらく途方にくれます。以前、「20時になると強制的に電源が落ちて従業員を帰らせる」という会社のニュースを見ましたが、16時半にやってくるのはちと早い気がします。しかし敵もなかなかしぶとくて、どかしても繰り返しやってくるし、この状態で無理やりキーボードを打ったりマウスを動かすものの、どんどん体制を変えてしっかりと手の上に乗ることを目指しているようです。

 

毎日なぜか同じ時間にやってくる・・・どかしてもめげない、「何としてもジャマをしてやる」という心意気さえ感じて天晴れです。猫は気配がなくPCのモニタを見ている私の視界に突然「ぬっ」と現れます。こんな風に突然現れて人間を驚かせて邪魔をしてくるので、我が家では「妖怪ジャマねこ娘」と命名しました。(集中していてたまに全く気づかず、不意打ちにあって驚くこともあります・・)

 

f:id:pancia:20170429140621j:plainf:id:pancia:20170429140601j:plain

妖怪ジャマねこ娘は机の引き出しを勝手にあけて、中のものを出してしまいます。たまに文房具がなくなって、冷蔵庫の下から出てきたりします。(引き出しの中がぐちゃぐちゃなのも妖怪のせいにしておこう・・・)

 

f:id:pancia:20170429141037j:plainf:id:pancia:20170429141100j:plain

f:id:pancia:20170429141138j:plain

離席するともれなく椅子を妖怪ジャマねこ娘に奪われます。こちらが忙しいなんておかまいなしの狼藉っぷりです。

 

f:id:pancia:20170429141502j:plainf:id:pancia:20170429141535j:plain

f:id:pancia:20170429141601j:plainf:id:pancia:20170429141620j:plain

仕方がないので、私の足元に箱を置いて見ました。「入ってあげたけど、何か?」不服そうにこちらを見るジャマねこ娘パンナさん。メンチ切ってます・・・(妖怪ジャマねこ娘は箱には目がないので、どんな小さな箱でも一度は入ってみようとチャレンジします。どう見ても入れないだろう・・という箱でさえも。その不屈のチャレンジスピリットは私も見習わねばと思います。)

 

f:id:pancia:20170429142225j:plain

そんなある日、ダイソーを散歩していたらへびさんと出会って連れ帰りました。(これ、イモトなら絶対買わないんだろうなーとか思いながら)

f:id:pancia:20170429143322j:plain

さっそく妖怪がやってくる・・・

f:id:pancia:20170429143624j:plain

「なんにゃ?こいつ。美味しいのかにゃ?」

f:id:pancia:20170429142432j:plainf:id:pancia:20170429142457j:plain

ヘビを体に巻きつけてシアンを追っかけるパンナ・・・本当にただの妖怪のようです。

f:id:pancia:20170429142725j:plainf:id:pancia:20170429142753j:plain

f:id:pancia:20170429142840j:plainf:id:pancia:20170429142922j:plain

f:id:pancia:20170429142952j:plainf:id:pancia:20170429143029j:plain

f:id:pancia:20170429143103j:plainf:id:pancia:20170429143211j:plain

ケリケリ、ガブガブ・・・へびをやっつけているのかパンナがやっつけられているのか、よくわからない感じになっています。

 

f:id:pancia:20170429143547j:plain

まぁ気に入ってくれて何より。しばらくはこれで妖怪ジャマねこ娘が鎮まってくれるといいのですが・・・

f:id:pancia:20170429143911j:plain

静かに眠りにつく、へびとねずみ。明日もよろしく頼むよ。

(・・・猫の好きなものってちょっと人間的には理解できない感じだなぁ。)

 

 

インターペット<ペット好きのための祭典>が内容充実で楽しかったのでレポートします!

楽しくて動物と人のためになる、大満足のペットイベント「インターペット」

ここのところ珍しく更新されているこのブログ。先日「インターペット2017」というペットに関する最新グッズや最新情報などが満載のイベント(2017年は3/30金〜4/2日まで、東京ビッグサイトで開催)に行ってきました。というわけで今日は、久しぶりの「ペットイベントレポート」をお送りいたします! 

この「インターペット」というイベント、毎年開催されていて2017年で7回目だそうです。私は去年予定が合わず行けなかったので、今年こそはと楽しみにしておりました。念願叶って今回はやっと行かれたのですが、感想を一言でいうと「大満足!」の当たりイベントでした。(期待しすぎると「ハズレだー、疲れただけでつまんなかったー」となりがちなのですが)帰りのバスで「2018年も行くぞ」と固く決意したほど、個人的にはいろんな意味で大充実でした。

来年は行ってみたい!と思われた方のために、東京ビッグサイトの情報も記載しておきます。

(2018年の「インターペット」は東京ビッグサイト 東1・2・3ホールにて、3/29(木)〜4/1(日)に開催とのことです。)

ようこそ、インターペットへ!

 

 人混みばかりではなく、意外にくつろげる場所もある東京ビッグサイト

私は最終日の日曜の午後13時すぎに一人で行ったのですが、会場内はすでにごった返していました。もしかしたら人間の数より犬の数の方が多いのでは!?と思うほどワンちゃんがたくさん参加していました。

f:id:pancia:20170416123745j:plain

東京ビッグサイトの中はとーっても広大! 同日に他のイベントがいくつか開催されています。迷うとかなりいい運動になるくらい歩かされてしまうので、地図で場所を確認しましよう。

 

しかし、この東京ビッグサイトのいいところは、広大すぎるがゆえに「人混みから逃れることもできる」のです!新宿や渋谷などのターミナル駅はどこに行っても人がいますが、ここは屋外のスペースも広く取られていて、タリーズコーヒーのカフェがあったり、セブンイレブンがあったりして食事に困ることもありませんでした。

私はセブンイレブンでパンとコーヒーを購入、サクッと小腹を満たしてから会場へ。(きちんとしたご飯を食べたい方は、屋内にレストランがあり、さまざまなテナントが入っていますので和洋中なんでもあります。)

当日は心地よい春の陽気で、外で座ってコーヒーを飲むにはとても快適でした。ちょこっと座れるようなベンチもたくさんあるし、向こうに海が見えたりスズメがたくさんやってきて遊んでいたり。こういう見本市会場は混んでいて人疲れするイメージしかなかったのですが、かなりの広さゆえに人がいないところが結構あるのです。会場のある1点に集中しているというだけで、他は結構閑散としているなぁと思いました。ここってのんびりした休日を過ごしたい方にも、実はおすすめなのかも。

 

行きづらい場所にあるイメージの東京ビッグサイト、実はアクセス便利

また、見本市会場は広大な敷地が必要なので僻地にあるようなイメージ(失礼)ですが、ここは意外にアクセスもよかったのです。電車での最寄り駅はゆりかもめ国際展示場正門駅」徒歩3分か、りんかい線国際展示場駅徒歩7分なのですが、ここはバスが乗り入れています。バスでアクセスできる方なら、会場敷地内まで運んでくれるバス(都営バス、Kmフラワーバス、京急バス)がおすすめです。東京駅、豊洲駅門前仲町駅を経由するコースがあるようです。「日の出桟橋」から水上バスも出ているようで、こちらはそんなに実用的ではないかもしれませんが、観光目的も兼ねている方なら楽しいですね。これから水上バスはベストシーズンです。

 

f:id:pancia:20170416130720j:plainf:id:pancia:20170416130738j:plain

f:id:pancia:20170416130807j:plainf:id:pancia:20170416130826j:plain

たくさんの「ペット関連企業」がブースを持って新製品やサービス等の紹介を行っています。ただみているだけでも会場の雰囲気が明るく楽しいのですが、思わぬサービスや商品に出会えて、動物好きならワクワクすること間違いなし!です。一番のメインは「犬」で次に多いのが「猫」向けの展示。でも鳥やハムスター、魚(熱帯魚やミドリフグ等の展示ブースが美しかったのが印象的でした)のブースもあって、動物好きさんならどこを見てもスキップするくらい楽しいと思います。

 

f:id:pancia:20170416131328j:plainf:id:pancia:20170416131224j:plain

ワンちゃんを模したもふもふカー。クルマというよりぬいぐるみのようです。(デパートの屋上で走っているパンダを連想してしまいましたが・・・)TOYOTAフォルクスワーゲン等クルマの会社や、ヘーベルハウス等住宅メーカーなど、そんなに関連性があるとは思えないような企業までもが展示をしていました。こういう大手企業が参入してくるということは、「ペットを飼う人たち」というマーケットの規模が、見過ごせないほどの大きさになってきたということでしょう。「ペット」が「家族」として世の中に受け入れられつつあるという、時代の風を感じました。

 

f:id:pancia:20170416132046j:plain

会場内に小さな公園のようなスペースがありました。ここも企業展示の一環のようです 。ちょうど4月上旬ということで満開の桜(生花ではありませんが)の下にベンチが置かれていて、ペットを連れた家族づれやご年配の方が座って団らんしていました。ここもすでに「家族」の中には「ペット」が含まれていることを象徴していて「ペット」と「団らん」って、とてもしっくりくる言葉だなぁと思いながら見てきました。

 

f:id:pancia:20170416133758j:plainf:id:pancia:20170416133821j:plain

「ペットを連れてキャンプに行こう」というコンセプトのキャンピングカーがあったり、「酸素ボックス」なるものがあって、中に寝て試している人もいました。これ、ペットと一緒に入るのでしょうか??何でもありで非常に興味深いブースがたくさんありましたよ。

 

無料サンプルがもらえたり、お買い得にフードやおもちゃが買えたり等のお楽しみも!

最終日は16時までだったのですが、15時をまわると人もまばらになってきて片付け始めるブースもありました。私は帰る間際に、猫缶やカリカリを大安売りしていた、ペットフードやグッズ等を扱う会社、AIXIA(アイシア)さんのブースに立ち寄りました。(重くてかさばるものは最後に買おう作戦です・笑)

店頭で社員と思しき数人の男性がハッピ姿でワゴンセールをしていました。日曜だというのに展示会とは大変ですが、彼らは販売員を楽しんでいるようでした。私は数点の猫缶とオススメしていただいたカリカリを購入したのですが、「最終日の最後」ということで、とてもよくしていただいて「穏やかな社風の会社なんだなぁ」と思いました。こういう人との掛け合いみたいなものが楽しいと、今度からここの製品を買おうとか思ったりするのも人情ですよね。

 

f:id:pancia:20170416135703j:plain

これらは全て無料サンプルとして今回私がいただいてきたもの。帰る頃には袋がいっぱいになりました。

f:id:pancia:20170416135728j:plain

 これは「ほねっこ」のゴン太でおなじみの「サンライズ」さんで募金をしたらできる「つかみ取り」でいただいてきたもの。募金額は任意です。(募金先は盲導犬協会等のようです)これ、猫飼いにはとてもうれしいですが、ワンちゃんを飼ってる方は大量のねずみを一体どうされたのでしょうか・・・

 

f:id:pancia:20170416142117j:plain

 AIXIA(アイシア)さんで大安売りされていた猫缶とカリカリ。いつもスーパーや通販で見るより全然お安かったです。おまけにサンプルまでいただいて、楽しい販売員さんたちに親切にしていただきました。

 

f:id:pancia:20170416142358j:plain

シアンとパンナおそろいの首輪も購入。本革のもので、普段ペットショップで見ると2500円〜くらいはしているお品のようですが、なんと1本300円でした。いろんな色やデザインがありましたよ。

 

f:id:pancia:20170416142637j:plainf:id:pancia:20170416142847j:plain

数あるお土産の中で、パンナさんに一番喜ばれたものはこれ。(やっぱりね)1mくらいの長い長い棒に本物の孔雀の羽がついた、つりざおみたいな猫じゃらし(アメリカ製)。会場価格800円ですが、普段はもっとお高いようです。シアンさんはあまり興味がないようでした。(やっぱりね)

 

「インターペット」は動物を愛する全ての人にオススメのイベントです

無料サンプルがお土産でもらえたり、いつもの猫缶やカリカリをお得に購入できたり、最新のおもちゃがお安く手に入ったり。たくさんのワンちゃんが歩いているのを見ているだけでも楽しいです。ペットに関するあらゆる最新のサービスや商品、情報が集まっている。そんなインターペットですが、私にとって一番有益だったのは、日本でペットの保護活動をしている公益法人などのブースで欲しかった情報が得られたことでした。

私は常々犬猫の殺処分の問題や保護活動などに興味があり、いずれはそういう仕事をしたいという夢があるので、今回何かその糸口が見つかるといいなということも思っていました。

動物を愛する全ての人たちが、ワンちゃんと一緒でも(さすがに猫を連れた方はほとんど見かけませんでした。1人だけ、3匹のニャンをカートに入れて連れていた猛者さんがいました・笑)家族と一緒でも、友達と一緒でも、ひとりで行っても楽しめるイベント。入場料は大人1500円(事前に参加登録をすると割引で1000円になりました)ですが、私は十分元がとれてお釣りがきたと思っています。また来年も楽しみに行きます。興味を持たれた方はぜひのぞいてみてはいかがでしょうか。

 

 

Macの汚いモニターを掃除してキレイにしたい!簡単お手入れ方法。Macの譲渡・売却時にもご参考に。

Macのオススメな点:値崩れしにくいので買い替えもしやすい

今日は猫と関係ないパソコン話です。macを使用している方・これから使ってみたい方にはちょっとお役立ちの情報かなと思います。

私は一応フリーランスグラフィックデザインを生業としているのですが、最近必要に迫られて新しいimac(27inch,Retina5K,1TB Fusion Driveのモデル、カスタマイズで注文)を購入しました。今までお世話になった古い方のimac(21.5-inch,Late2012)は、特に壊れておらずキレイな状態なので、売りに出すことにしました。

f:id:pancia:20170415182933j:plain

最近icloudのデータがいっぱいになってしまい、しばらく課金で使用していたのですがどんどん増える一方なので、無料のgoogleフォトへデータを移しました。(これはこれで時間がかかって厄介でしたが)そうしたら、勝手に中の写真や動画をgoogleさんの好みやセンス?で選んで「こんな風に加工したんだけどどうよ?」って言ってくるようになりました。頼んでもいないのに、なかなか上手に加工してくれます。上はgoogleさんが「これいいでしょ」って出してきたうちの一枚。ただの家の中ショットなのに、妙にノスタルジックで叙情的。

 

パソコンのOSなんて別にmacでもwindowsでも慣れていて使いやすいものを使うのが一番だと思うのですが、両方使用してみてmacの優れた点の一つに「値崩れしない」ことが挙げられると思います。私は中古のapple製品を購入したことはありませんが、過去に値段を調べたら時期や発売経過年数にもよりますが、新品定価の70%程度の値段がついているものもありました。今回私が売却したimac(21.5-inch,Late2012)は、2012年秋冬ごろ購入したものなので、4年ちょっと使用しています。それで定価の30%程度の値段がついたので結構驚きました。

金額にというよりか、「モノづくりカンパニーとしてのapple」の信用度とプライドみたいなものにです。「ウチの製品は数年経っても十分に使えるつくりにしていますよ。どうぞ譲渡なり売却なりリユースしてください」というスタンスなのでしょうか。だってappleサポートのページに堂々と「Macを売却または譲渡する前に」という手順のページを載せてますし。

(譲渡や売却の前に、他の人が使用できるようにするためのいくつもの手順があるのですが、そこの情報はたくさんネット上にありますので詳しくはそちらに譲ります。下記はappleサポートのページなので確実だと思います)

support.apple.com

 

買い替え理由は、「壊れてはいないけれど、Adobeとの互換性やらもろもろのスペック、バージョンを鑑みて、仕事で使用するのは限界」だからなのでした。こうしてちょっと文章を書いたりネットを見るようなライトな使い方なら全く問題ないので、どなたかに可愛がってもらえて新天地で活躍できるといいなぁと思います。

f:id:pancia:20170415183727j:plain

左のimacが卒業していきます。ちょっと寂しいですが、いい人に嫁入りして活躍してね。

 

macのモニターをキレイに拭くのは意外に難しい! 簡単に拭くには?

無事にmacを初期化してosを再インストールしたまではいいのですが、なんとモニターが汚く、拭いてもなかなかキレイにならず・・・こんなところで苦戦するとは。imacに限らず、ノートでもスマホタブレットでもいずれかのapple製品をお持ちの方はおわかりだと思いますが、画面が鏡のように美しく1点の曇りもないのが本来のあるべき姿なのですよね。でもそれがゆえに、恐ろしく指紋や拭き跡が残ります。縦横チェックの模様のように、拭けば拭くだけ縦横無尽に拭いた跡が残る・・・

それでネットで調べたのですが、モニターの掃除方法はあんまりヒットせず。いくつか見ると、なんと「ガラスペット」などの化学薬品で拭いてはいけない!らしい。なんでもモニタにある皮膜?みたいなものがはげてしまうとのこと。今までここまで念入りに拭いたことはなかったのですよ。だってあまりキレイにならないんだもん。それはそれでひどい扱いですが・・・

f:id:pancia:20170415184007j:plain

拭いてるそばから指紋がつくので押さえる方の片手は手袋必須。私は鍋つかみで代用。普段はここまで気にしないけど、誰かに使ってもらう場合は頑張ってキレイにするぞ!

 

「軽く水で濡らしたクロスで拭きましょう」とのことでした。(クロスはapple製品を買うと付いてくる黒い布です。なければメガネ拭きクロスで。間違ってもタオル等の目の荒いものはダメです!拭き跡が残るばかりかキズがつきます)

軽く濡らす・・・というのがまたポイントのようで、がっつり濡らしては水滴模様になります・・・なんとも加減が難しいなあ、なんとかならんのか?と思っていると、ふと息を吹きかけたらいいのでは?と思いました。私は眼鏡っこなので、メガネが汚くなると「ハアー」と息を吹きかけてメガネクロスで拭いているのを思い出したのです。

なんと、今まで最もキレイになりました! しかも一番簡単に。というわけで、ちょっとここまで長かったですね。(前置きもね)モニタが大きいと息切れするかもしれませんが(笑)、21inchまではいけましたよ。

結論:macのモニタが汚れたときは「ハアー」と息を吹きかけた部分を、すぐにクロスで拭くとキレイになりました。

よかったらお試しください。

 

<拡散希望>命の期限:保健所で飼い主さんを待っている子たちがいます

■命の期限「殺処分を待っている動物たち」

今日のブログは、楽しく明るい内容ではありません。むしろ知らない方がよかったのかも・・・と、目をそむけたくなります。でもこれがペットブームと言われている日本の今、現実です。

ここを訪れてくださる方はみなさん、動物を家族のように愛している方たちが多いだろうと思います。そういう方たちにこそ、動物たちの悲惨な現状を知っていただき、何かできないかと一緒に考えていただくきっかけにできたら、本当にありがたいなと思います。

<だけど辛いからみたくない、知りたくないという方もいらっしゃると思います。強制ではないので、このページは閲覧注意とさせていただきたいと思います。>

f:id:pancia:20170414155943j:plain

 先日「インターペット」というイベントに行ってきました。(今日のブログ内容とは違い、ペット好きにはスキップするほど楽しいイベントでしたので、近日中にレポートをアップしたいと思います)

その会場でもらった一枚のチラシに「ペットのおうち」というサイトの紹介があり、「迷子札を無料で作成できるサービス」が利用できるということだったので、見てみました。(ネット上に飼い主本人とペットの情報を登録して、飼い主に万が一のことがあった際や、被災した際などに、ペットを路頭に迷わせないためのサービスとのことです。)

 

そこでうっかり里親募集のページをみてしまい、なんとなく知ってはいたものの、現実を目の当たりにして愕然としてしまいました。

 

www.pet-home.jp

 

このリンクを見ると、保健所に収容されて「あと●日」というタイトルがついている犬や猫たちの写真がたくさんでてきます・・・。写真をみてしまうとどの子も可愛く、うちの子たちと、殺処分をカウントダウンされているこの子達とは何が違うのか、と考えさせられてしまいます。かくいう私は次に動物を飼うなら保健所や保護されている子をと望んでいますが、当然救える子はわずかです。

 

無力感に苛まれたりもしますが、でも何もしないよりはマシだと思い、ブログで1人でも多くの方に知っていただきたいとリンクを貼らせていただきました。

私の中でこの「動物の殺処分」問題はいつもずっと心のどこかに張り付いていて、辛いけど、目をそむけず、自分がやれることを模索していこうとまた今日、気持ちを新たにしました。

もし少しでも興味を持っていただける方がいらしたら、本当にうれしく思います。私の今後の活動も、このブログで少しずつお知らせしていけたらと思います。

 

 

うちの猫がサメに食われました・・・

こんにちは。春だというのに寒いです。東京では1週間くらい前に桜が開花したそうですが、まだ足踏み状態のようですね。明日あたりがいい感じなのでしょうか。ちょっと見に行ってみたいと思います。

そういえばですね、うちの猫たちが最近サメに食われてしまいまして・・・

 

f:id:pancia:20170401143320j:plainf:id:pancia:20170401143235j:plain

2ひきともまんまとサメの餌食に・・・

 

f:id:pancia:20170401143902j:plainf:id:pancia:20170401143622j:plain

「助けてにゃ……」サメに食われるシアンさん。すっかり食われて手だけになってしまったようです。

 

f:id:pancia:20170401143706j:plainf:id:pancia:20170401144205j:plain

おーい大丈夫かにゃ?と探しに行くパンナさん。

 

f:id:pancia:20170401144252j:plain

ただ横取りしたかっただけのようです。(やっぱりね)

 

f:id:pancia:20170401144408j:plain

住めば都。結構居心地がいいようで

f:id:pancia:20170401144455j:plainf:id:pancia:20170401144432j:plain

サメのお腹の中で安心しきってぐっすり眠るシアンさん。

 

・・・と、今日は4月1日ということで、エイプリルフール的ブラックジョークでお送りしております(笑)

このサメ型ベッド、amazonで一目惚れしてしまい、ベッドはもういらないしなぁと2ヶ月くらい悩んだ末ポチりました。結果、猫たちも人間も喜んだので正解でした!

サメのお腹の中は結構快適なようで、猫さんたちに大人気です。だいたいどちらかが入居していてなかなか空きが出ません。猫が入って丸くなるのにちょうど良い大きさでドーム型になっており中はほんのり暗い。猫が落ち着く要素がたくさんあって、見た目のふざけた感じに見合わず(?)実力派のサメです。

人間からしたらとてもシュールな絵で笑えるのですが、にゃん達はつゆ知らず。自分がサメに食われているとは思わず、安心してきっています。

 こんな感じでちょっとほっこりできるサメベッド、グレー以外にもブルーやピンクなどいろんなサメがいるようです。気になった方はよかったらCHECKしてみてはいかがでしょうか。(4/1の今みたら、私が購入したときより500円以上も安くなっていました。今セール中らしい。価格変動の激しさはやっぱりamazonですね〜)