読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこと、手をつなごう。

糖尿病になった猫&虐待にあった猫と暮らす私(pancia)が、「猫と人がともにしあわせに暮らす」日々のためにできることを探し、発信していくブログです。

宝くじ当選にご利益があるという、「福徳神社(日本橋)」に行ってきました。

昨日に引き続き、日本橋レポート的な記事を書いてみようと思います。

一昨日「猫づくし」イベントに行った帰り、場所が程近いこともあり、以前から気になっていた「福徳神社」に行ってきました。

私は結構方向オンチなのですが、三越の本当に目と鼻の先、COREDO室町の一角でしたので、今回は迷わず着くことができました。

 

東京メトロ日本橋駅から三越方面へは、途中、その名も「日本橋」という橋を渡るのですが、ここは外国人観光客に人気なのか、小雨のぱらつく中写真を撮っている方が結構いました。歴史のある橋だし、地名にもなっているからでしょうか。

 

f:id:pancia:20160508104610j:plain

日本橋」の看板。私には「にほんむし」に見えますが…

 

f:id:pancia:20160508104737j:plainf:id:pancia:20160508104752j:plain

観光客に人気のお二方。どことなく「日本っぽさ」を感じて惹かれるのでしょうか?日本人の私からすると、日本ぽさよりか「中国っぽさ」か「ドラクエっぽさ」を感じますが…。ダーマ神殿の門にいそう。

 

 

「福徳神社」は一昨年あたり、蒼井優さんと小日向文世さんが出ていた三井不動産のCMで見て初めて知りました。ここは別名「芽吹神社」ともいい、「新たに物事を始めるときに、その事柄の発展を願って」詣でるところ、なのだということでした。

その歴史はとても古く、貞観年間(859 ~876年)にはこの地に鎮座していたということです。富籤(とみくじ)興行を許された数少ない寺社の一つであったことから、「宝くじ当選」にもご利益があるのだそうですよ。

 

実は一昨日まで福徳神社のことも芽吹きのいわれも、すっかり忘れてしまっていたのですが、たまたま今回猫づくしイベントで日本橋三越に行き、ふと思い出して行ってみることにしたのです。

 

当日は薄日が差しつつたまに霧雨が降る、不思議な天気でもありました。こういうの、狐の嫁入りって言うんでしたっけ…

 

f:id:pancia:20160508102905j:plainf:id:pancia:20160508102638j:plain

「ビルの谷間に赤い鳥居」の風景が不思議な空間。手前に見える大きな木はご神木なのでしょうか。思いがけず現れた緑色に心休まります。

 

2014年10月に新築されたばかりの境内と社殿。2016年には「福徳の森」という公園のようなプチ森林コーナーもできるようです。

 

f:id:pancia:20160508103145j:plain

 

f:id:pancia:20160508104052j:plain

三井不動産のHPより「福徳の森」完成予想図。素敵です。

 

私はたまたまブログを立ち上げたばかりなので、「これは芽吹お守りにあやかろう!」と気をよくして、おみくじを引きました。結果は中吉。スタートとしてはまずまずいい感じ。いきなり今が大吉でこれから下がるよと言われても困っちゃいますもんね。

お守りは数種類ありましたが、一番基本的な「芽吹き守」500円を購入。緑の新芽がたくさん描かれた可愛らしいお守りです。新しく始めたことがうまくいきそうな気がします。

日本橋を訪れた際には少し足を伸ばして、ぜひ行かれてみてはどうでしょう。

 

f:id:pancia:20160508110457j:plain

新芽がたくさん出て大きく成長しますように!

 

歴史等にご興味のある方は、良かったらこちらもどうぞ!

www.mitsuifudosan.co.jp

 

真木千明 氏|日本橋福徳塾|「日本橋ごよみ」のご紹介|日本橋の遊び方|まち日本橋