読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこと、手をつなごう。

糖尿病になった猫&虐待にあった猫と暮らす私(pancia)が、「猫と人がともにしあわせに暮らす」日々のためにできることを探し、発信していくブログです。

猫の熱中症対策〜保冷剤のジェルに潜む中毒死の危険性について〜

猫の健康や病気について

梅雨は何処へやら6月だと言うのにかなりの暑さが続いていますね。今年は北海道で5月に夏日の記録を更新したり、また猛烈な暑さになるという予報を見て、すでにゲンナリしています。

 
こう暑さが続くと、心配なのは猫の熱中症です。人間も暑さに体が慣れるまでは時間がかかりますよね。ましてや皮膚に汗腺を持たない猫たちは、体温調節をすることがニガテです。特に長毛やダブルコートの子、仔猫やシニアの子などはより一層注意深く見てあげなければ心配です。
 
我が家の暑さ対策はというと、
25度くらいまでは扇風機と窓を開けてしのぎます。(空き巣対策には防犯グッズで外からは一定以上窓が開かないようにして、猫の脱走対策はしっかりと網戸を突っ張り棒で外から固定。うちの猫たちはそこまでして出ようとしないのですが、網戸を破って脱出するツワモノの猫さんには対策グッズも売っているようです)
だいたい27度以上の予報になると全ての窓を閉め、エアコンをかけっぱなしで出かけます。エアコンかけっぱなしは、だいたい真夏で午前8時ごろ〜午後11時くらい。(熱帯夜もよほどでない限りは、夜中はエアコンを切って扇風機をかけていることが多いです。)まだそこまで暑くない時期は、私がいない時間帯だけつけています。
 
そこでみなさん、気になるのは電気代がどれほど上がったのか?ではないでしょうか。
結論から言えば、月平均の2500円程度から1500円ほど上がって4000円程度でした。半日つけっぱなしでひと月使ってその程度です。思ったほどではなかったので、ホッとしました。(※ただしこのエアコン、2014年製ということでわりと新しいものです。古いものだともう少し電気代がかさんでしまうかもしれません…)
 

f:id:pancia:20160611154450j:plain

奥がアルミボード、手前が新しく買ったジェルマット。どちらもひんやり涼しいのですが…この後ジェルマットに災難が。

 
シアンはドギーマンクーラーボードというアルミの板を使っています。これは冷たさを2段階調整できる優れもので、普通に暑い日はそのまま、真夏のかなり暑い日はマットの裏に水分を吸収できるようになっていて、水を張って使うことで放射冷却で結構な冷たさになります。
パンナにも同様のものを買おうと、今年ネットで探したのですが見つけられませんでした。シアンがまだ小さい頃に買ったのでもう10年も前の商品です。納得いくものが見つかるまでの応急処置的に値段の安いジェルマットを買ってみたのですが、案の定やられました…さすがはなんでもすぐに壊す、破壊女王パンナさんです。
 

f:id:pancia:20160611155052j:plainf:id:pancia:20160611155105j:plain

物怖じしないのでとりあえず素直になんでも使ってくれるのはいいのですが、いつも見事に壊します。昨日よく見たら無数の穴が開いており、ジェルが漏れだしている箇所も…(涙)ひとまずセロテープで塞いでひと夏しのぎます。

 
パンナは天真爛漫でおおらかな性格です。猫じゃらしなどのおもちゃは激しく遊んで数日で破壊…。その辺にあるものはなんでも自分のおもちゃとして何処かへ持っていってしまいます。「あれがない!」と探していると忘れた頃に家具の下から見つかることもしばしば。
 

f:id:pancia:20160611160913j:plainf:id:pancia:20160611160922j:plain

はじめはネズミさんと色とりどりの羽が付いていたおきあがりこぼし。これもまた数日で無残な姿に…

 
彼女はあまりにヤンチャすぎて片時もじっとしていられないので、仔猫の時に母がわんちゃん用の服を買って着せていました。そのせいか、何か着せられるのも全く気にする様子がありません。おもちゃを投げるとくわえて私の足元に持ってきて「遊んで」と訴えます。何回投げてもしつこく持ってくるのでこちらはいい加減に飽きてしまうのですが…。教えてみたらお手もします。
あれ?まさかこの子、猫ではなくてもしや犬??
 
 
f:id:pancia:20160611160602j:plainf:id:pancia:20160611153456j:plain
↑そういえばこの子に似ている気が。のらくろくんは犬ですね。
マンゴーのネットを着て気にする様子もなくなぜかドヤ顔のパンナ。やけに似合っています。
 
すっかり破壊女王クラッシャーパンナのネタになってしまいましたが、今日は「ジェルの保冷剤の危険性」についてお知らせしたかったのです。以前他の方のブログで怖い記事を読みました。
どこの家庭にもよくある保冷剤(ケーキ屋さんとかでくれるやつです)を飼育動物が食べてしまい死んでしまったという話です。なんでもこの手のジェルには主に2種類「吸水ポリマー」と「エチレングリコール」というものがあり、後者「エチレングリコール」には中毒の危険性があるとか。なんでも甘い味がするそうで、猫や犬が噛んで舐めてしまい死に至るという事故が後を絶たないそうです。
飼い主さんとしては「暑そうだから保冷剤で冷やしてあげよう」と良かれと思ってしたことが、そんな悲しい結末になってしまうなんて思いもよらなかったことでしょう。
 
現在主にペット用として販売されているジェルマットは吸水ポリマーが使用されているかと思いますが、購入前にきちんと内容物の記載を確認しましょう。(安心して使用したいものですよね)
 
今年の夏はかなりシビアだという予報ですが、猫さん達が安全で快適に過ごせるようにしてあげたいものですね。
 

f:id:pancia:20160611165110j:plain

「あたしは扇風機の足元が好きなの。ここ落ち着くのよね〜。」
…そこは風が当たらないのになーと人間は思うのですが、まぁ、使い方は自由ですから。
 
 
 
こちらのブログで「保冷剤の危険性について」詳細を読むことができます