読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこと、手をつなごう。

糖尿病になった猫&虐待にあった猫と暮らす私(pancia)が、「猫と人がともにしあわせに暮らす」日々のためにできることを探し、発信していくブログです。

マンション・アパートで猫を飼いたい人のために「おすすめの猫種は?」

*マンションやアパートでは「猫の鳴き声」が気になるという方も・・・

「マンション・アパートだけど猫を飼いたい!」ってご要望、たくさんあると思います。特に都市部では集合住宅が多いので、お隣に迷惑かもとあきらめている方もいるのではないでしょうか。

かくいう私も、マンション住まいですが2匹の猫と暮らしています。ここはペット可のマンションなので、住人の方たちはほとんど犬か猫を飼っているようですが、それでも動物の鳴き声や階下の方への足音等気になりますよね。

 私がマンションで2匹の猫と暮らしていて実感したことを、「これからマンション・アパートで猫を飼ってみたい!」と思っている方にお知らせできたらと思います。

 

*オススメの猫種は「ロシアンブルー」

集合住宅で「これから猫を飼いたい」、「いずれ飼いたい」と考えている方へ、マンション飼育のオススメは「ロシアンブルー」です。

うちにはこの秋で13歳を迎えようというロシアンブルーの猫(シアン・オス)がいます。かれこれ13年前、念願叶って生まれて初めて猫を飼うことになった私は、都心のマンションに住んでいました。その時にネット検索で「マンション飼育に最適」と出てきたのが「ロシアンブルー」だったのです。

当時は猫についての知識や経験もほとんど無かったので、ひとまずそれを鵜呑みにして片っ端から都内近郊のペットショップをまわり、出会ったのがシアンでした。

 

13年近くシアンと一緒に暮らし、ロシアンブルーが「マンションで飼うのに向いている」と言われる所以がよくわかりました。パンナ(2匹めとして迎えた雑種のメス)を迎え、多頭飼いになったことで比較してわかったことも多いのですが…

 

f:id:pancia:20160811114359j:plain

パンナにボールを投げられてちょっかいをだされても、涼しげな顔をしています。かなり忍耐強い性格でもあります。

 

*「サイレントキャット」の異名を持つ「ロシアンブルー」

おすすめの理由はいくつかありますが、最大のポイントは「ほとんど鳴かない」ということです。たまに鳴いたとしても「鳴き声が小さい」ので、ご近所に聞こえることはほぼないと思います。実感としては本当に驚くほど鳴かないです。「猫ってこんなに無口なの?」と思うくらい・・・これはパンナが来て痛感したのですが、パンナはよく鳴き、声も高くいわゆる「鈴のような猫らしい声」です。猫なんだから可愛い声で「ニヤーニャー」言って欲しい〜!と思う方にはむしろロシアンブルーは不向きです。

 

*おとなしく繊細な「ロシアンブルー」

また、運動量も他の子に比べて少ないように思います。遊び方もやんちゃというよりはやんわりしています。これは慎重で少々神経質(ビビリ屋さんな子が多いようです)なロシアンブルーの性格と関連があるかもしれません。

これはうちのシアンの事例ですが、シアンが子猫時代に使っていたおもちゃ(猫じゃらしやボール、おきあがりこぼし等)は最近までかなりキレイな状態で保存されていました。要するに、「あまり使わなかった」ということです。これら同じものをパンナに与えてみたところ、全て数日で壊してくれました。(同じ「猫」なのに、こうも違うのかと驚きましたが…)

 

さて、ここまでかなりの「ロシアンブルー推し!」をしてきましたが、これから猫を飼うことを検討されている方には、いろんな選択肢があることも知っていただきたくてこんなブログを書いている私です。

私が初めて猫を飼った時(ロシアンブルーのシアンと出会った時)には、今のようにたくさんの情報はなかったので、「猫を飼う=ペットショップ」という図式しか知りませんでした。しかし今では猫の里親制度、譲渡会などから引き取り手のない猫をもらい受ける仕組みも整っています。(海外ではペットショップでの生体販売が制限されている国もあるので、保護された猫を譲渡されることが一般的のようです。気になった方は「猫 譲渡会」「猫 里親募集」等で検索してみてください)

 

f:id:pancia:20160811114531j:plain

いつもはケンカばかりで「トムとジェリー」のよう。(どちらも猫ですが…)眠いときだけ仲良しです。

 

一概にペットショップからの購入を否定するわけではないし、譲渡会の条件は結構狭き門らしいので誰しもが猫を譲り受けられるわけではないでしょう。どんなルートで猫を迎えいれたとしても、「愛情を持って最期まで責任を持って育てる」ということだけは絶対条件です。

 

また純血種(血統書付きの出生のわかっている種。「ロシアンブルー」以外にも「アメリカンショートヘアー」、「スコティッシュフォールド」等、種別として確立されている猫)には純血種の、Mix(雑種)にはMixの、それぞれ良さ・弱点もあります。例えば純血種はその姿形に個別の特徴(スコティッシュなら垂れ耳、マンチカンなら短足等)を持たせるため、特定の遺伝子を持った子猫が生まれやすいよう配慮された交配が成されています。そのため、それぞれの種に特有の弱点(心臓に疾患が出やすい、腎臓病リスクが他の種より高い等)が出やすくなるようです。

 

「これから猫を飼おう」という方が、ご自身の性格やライフスタイル等を考えた上で、猫さんとのベストな出会いがあるといいなと思います。長い時間一緒に暮らす家族になるのですから!

猫と暮らす私の実感として、心から言えるのは「猫って本当にいいですよ」ということ。

どうか素敵な「しあわせ猫暮らし」を楽しんでくださいね!!