読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこと、手をつなごう。

糖尿病になった猫&虐待にあった猫と暮らす私(pancia)が、「猫と人がともにしあわせに暮らす」日々のためにできることを探し、発信していくブログです。

「最近月日が過ぎるのをはやく感じる」なら、それは老化が加速しているらしい…じゃあ若くありたい人は何をすればよいのか?

猫との日常で思うこと

東京では久しく青空を見ていません。もう10日くらいになるでしょうか。そうして突然涼しくなったなと思えばもう秋分。我が家の2にゃん達は朝になるといつの間にか、私の布団の上で寝ています。やっとそんな朝も「暑苦しい…」ではなくて「ほんのり温かい…」と幸せに感じることができる季節の到来です。しかしここから3ヶ月はいつも忙しなく、毎年気づくと年末だったりしますよね。

 

f:id:pancia:20160922162342j:plainf:id:pancia:20160922162608j:plain

「キャッチミーイフユーキャン」にもそろそろ飽きてしまったパンナさん。そこへ「ネスレピュリナワン」からプレゼントが当たりました。最近はこのトンネルと「キャッチミーイフユーキャン」の合わせ技で遊んでいます。

 

「もう年末?今年もはやかったなぁ」と感じるのは、脳が老いているせいかも…

人間は歳をとるにつれ、年々「時間の経過を速く感じるようになる」と本で読みました。その本によれば、「脳が新しい刺激を感じることがないほど、時間が過ぎるのを速いと感じる」そうです。思えば子供の頃、放課後の時間って長くありませんでしたか? 感覚的には「友だちと連れ立って知らない隣町まで大冒険」できるほど、たっぷりと時間があったように思います。でも今になって冷静に思い起こせば「放課後」なんて「たった数時間」ですよね。(授業が終わってから夕飯の時間までと考えると、だいたい14時〜18時くらいの3〜4時間でしょうか?)

ひるがえって、大人になった現代はどうでしょう。

「毎日同じ経路で通勤し、会社でルーティンワークをこなし、いつもと同じ時間に帰宅」「毎日ダンナさんや子供達を送り出したあと、同じチャンネルの朝ドラやワイドショーを見て、いつものスーパーへ買い物へ行き、夕飯を作って家族を待つ」

毎日毎日、「同じことを繰り返す」=パターン化された生活を送っている方のほうが多いのではないでしょうか。かくいう私もそうです。大人になってからも「毎日知らない街を大冒険」している人はあまりいないでしょう。自分なりの定型(フォーマット)を作って生活した方が、「ラクで合理的で安全」だということを長い年月のうちに自然と学ぶからですよね。

 

f:id:pancia:20160922162901j:plainf:id:pancia:20160922162913j:plain

ネスレピュリナワン」は先日当たったA賞「ペット健康診断チケット」の他に、B賞「健康グッズ」もしばらくして送られてきました。(結構たくさんハガキを出したんですね…)「健康グッズ」は3点(猫のおもちゃのトンネル、ねずみ形の光がでるポインタ、フード用のお皿)でした! 「ネスレピュリナワン」は結構キャンペーンをやりますので、何か情報を得たらまたここでお知らせしますね。

 

脳の老化を防いで「いつまでも若くある」には?

当たり前のことですが、時間は誰の上にも同じ速さで平等に流れています。それを「速い」「遅い」と感じるのは人間側の「錯覚」によるものです。

「毎日が同じことの繰り返し」になればなるほど、時間の経過を「速く感じる」し、逆に「新しいことがたくさんあって、緊張の連続、刺激のある毎日」を送っていると時間が進むのを「遅く感じる」のだそうです。

 

f:id:pancia:20160922163504j:plainf:id:pancia:20160922163517j:plain

猫だって毎日同じは退屈にゃ。飽きるにゃーよ。だからいつも新しいいたずらやお邪魔の方法を工夫してるにゃ!!

 

もし最近あなたが「月日の経過を速く感じる」なら、そのままにしておくと脳が老化して衰えていく一方かもしれません。大人になってからの合理的で安定感のある毎日は、生活の基盤として必要なものだし、もちろん否定されるものではありません。

でも「どうせなら若々しくイキイキしていたい」じゃあ何をすれば?と思う方、ヒントは子供時代にあります。子供って大人に比べて知ってることより「知らないこと」が圧倒的に多いですよね。だから何を見ても聞いても新鮮でワクワクできるんです。大人になった今、子供の頃のあの「ワクワク・ドキドキ大冒険」の新鮮な気持ちに返るには「新しいことをはじめてみる」ことです。

暑くて気力・体力が低下する夏も終わり、一年の中でも過ごしやすく気候のいい秋という季節は、何かを始めてみるには行動しやすいらしいですよ。「秋」って何やらクリエイティブな香りさえする気がしませんか? この時期新しい手帳やカレンダーを購入する人も多いと思います。ぜひそこに「新しいチャレンジ」のスケジュールも加えてみてはいかがでしょうか。