ねこと、手をつなごう。

「ねこと人間のしあわせな共生」をさまざまな角度から考えて行くブログです。

糖尿病になった猫&虐待にあった猫と暮らす私(pancia)が、 「猫と人がともにしあわせに暮らす」日々のために できることを探し、発信していくブログです。

猫が米のとぎ汁を美味しそうに飲んでるけど、大丈夫?

猫が米のとぎ汁を飲んでも大丈夫?

ちょっと炊飯器のふたを開けていた隙に、猫が米のとぎ汁を飲んでいました。特にシアンさんが気に入ってしまったようで、それこそかなりゴクゴクと、喉がなりそうなほどに。

ちゃんとこまめにお水を替えてあげているし、「水をあまり飲まない猫用」に売られていた特殊な磁器でできているらしい容器にしているのにも関わらず、なぜわざわざ米のとぎ汁を?? うまいのか!?と思って私もちょっと飲んでみたけど、美味しくないし(そりゃそうだよね)。

 

f:id:pancia:20170531130434j:plain

炊飯器にお米をセットしたら集まってきたお邪魔妖怪たち。

f:id:pancia:20170531130606j:plain

「なにそれ美味しいの?」状態で顔を突っ込む。

f:id:pancia:20170531130918j:plain

f:id:pancia:20170531130815j:plain

すごい勢いでゴクゴク飲んでしまうシアンさん。

 

特にシアンは糖尿病なので、米のとぎ汁なんて飲んでも大丈夫なのか?とちょっと心配になり調べてみようと、ネットで「米のとぎ汁 猫」と検索すると結構たくさん出てきました。飲んでしまう子はわりといるのか、知恵袋にも何件かあがっていたり動画もありましたよ。

どうやら特に問題はなさそうですが、常用で飲ませるのはやめましょうとのこと(そりゃそうだよね)。

 

お米のとぎ汁、活用法あれこれ

いくつかのサイトを見ていたら、むしろ「猫よけ、猫対策」として猫が庭に入ってくるのを避けるために「濃い米のとぎ汁をまく」という方法もあるようです。効果のほどはわかりませんが、うちはパンナさんがたまにお風呂の浴槽内でおしっこをしてしまうときがあるので、浴槽にとぎ汁をまいておいてみようかな。スプレー容器に入れて霧吹きで使うのもいいかもしれません。これで観葉植物の葉っぱを拭くのもよいようです。

他にも米のとぎ汁を床の掃除の際、雑巾掛けするのに使用している方もいました。「ぬかには"オリザオイル"という成分が含まれているので、フローリングワックスをかけたように艶が出る」らしい。猫や犬だけじゃなく小さなお子さんがいる方でなるべく薬剤を使用せずに床拭きしたい方にもよさそうですね。

「洗い物をする水として使うと洗剤がいらないほどキレイになる」「手指がしっとりして白くなった気がする」と言っている人もいました。「※あくまでも個人の感想です」だから、真偽のほどは確かではないけど、試してみてもいいかなと思いました。

f:id:pancia:20170531134612j:plainf:id:pancia:20170531134636j:plain

ただいま、猫さんたちは冬毛が全部抜けきって夏毛になる「換毛期」の真っ最中。ちょっとブラッシングしただけで2匹の猫さんの毛玉ボールができました。長毛の子は大変なんだろうなぁ。これでパンナが楽しく遊ぶのはいいのですが、そのうち舐めたり食べたりしてしまうので、かわいそうだけど取り上げました。

猫を飼っていると抜け毛には悩まされることになるので、こまめに掃除したいところです(希望。でも完璧にはできないのですが)今日から早速掃除機かけた後に米のとぎ汁で床を拭いてみようかな。

 

 

<米のとぎ汁についてのまとめ>

・米のとぎ汁は猫が飲んでも常用しなければ大丈夫らしい

・「猫避け」には濃い米のとぎ汁をまく

・スプレー容器にいれて霧吹きで観葉植物の葉っぱをふく

・床拭きをすると「オリザオイル」という成分のおかげでフローリングに艶がでる(薬剤を使用したくないお家に良さそう)

・お皿の洗い物をすると洗剤の節約になる

・手指がしっとり、白くなった気がする

 

というようなさまざまな効能があるようです。米のとぎ汁は身近にあってお金がかからないものなので、再利用してみる価値はありそうですね。もし気になるものがあれば試してみてはいかがでしょうか。